泌尿器科

骨盤臓器脱

出産経験がある女性の約40%に認められる

「骨盤臓器脱」という疾患をご存知ですか?
骨盤臓器脱とは、骨盤内にある子宮や膀胱、直腸などの臓器を支えている骨盤底筋が緩み、臓器が下垂して膣から脱出してくる疾患です。
「お風呂に入った時、股の間にピンポン玉のようなものが触れた」「椅子に座ると違和感がある」などの症状がある場合は、早めに受診することをお勧めします。骨盤臓器脱は、女性の生活の質(QOL)を著しく低下させる要因の一つです。当院では、女性医師による女性泌尿器科外来を開設し、骨盤臓器脱の診療をしております。

〈骨盤臓器脱とは〉
骨盤臓器脱は出産経験のある女性の数%〜40%に認められると言われている疾患です。
一般的にはあまり知られていない病名ですが、辛い症状に悩まされながらも医療機関を受診したことがないという方も多いようです。ここでは骨盤臓器脱の原因と特徴、代表的な症状、骨盤臓器脱になりやすい方についてご紹介します

〈骨盤臓器脱の原因と特徴〉
膣から臓器が脱出してしまう骨盤臓器脱は、昔からある女性特有の疾患です。
代表的な骨盤臓器脱と特徴です。
①膀胱瘤:前方の膣壁が緩み、膀胱と共に下垂してくる
②子宮脱:子宮を支える組織が緩み、膣の中に子宮が下垂してくる
③直腸瘤:後方の膣壁が緩み、直腸と共に下垂してくる
いずれの臓器も膣に脱出する可能性はありますが、膣から実際に飛び出すのは膣壁で、膀胱や子宮、直腸が直接体外に脱出してしまうわけではありません。また膣からではなく肛門から直腸が脱出する直腸脱も骨盤臓器脱の一種です。

〈骨盤臓器脱の症状〉
骨盤臓器脱の代表的な症状としては
・軽い排便や排尿障害を合併することが多い
・お風呂で体を洗う際、股の間にピンポン玉のようなものが触れる
・トイレで排尿、排便後に紙で拭くときに何かが触れた
・重いものを持った時やお腹に力を入れた時に違和感がある

〈症状の進行〉
初期の段階では、まだ膣口に臓器が完全に脱出しているわけではなく、力を入れた時ににだけ脱出が起こります。患者さんの多くはこの時『膣口に何かが下がってくるような違和感を覚える』ようです。また、症状が進行すると、徐々に臓器が脱出した状態が持続します。重度になると常に膣から臓器が脱出した状態になり、指で押し込んでも戻らなかったり(嵌頓状態)、下着が擦れて出血したりします。排尿障害や排便障害が起こるのも。骨盤臓器脱の症状の特徴です。脱出が進むと、QOLは著しく低下し歩行も困難になるため外出を避けるようになってしまいます。

〈骨盤臓器脱になりやすい方〉
骨盤臓器脱は中高年女性に見られる疾患であり、恥ずかしさや知識のなさから1人でお困りの方も多いようです。
骨盤臓器脱になりやすい方の特徴は以下となります。
・出産回数が多い方
・肥満傾向の方
・便秘
・閉経した方
・膣式子宮摘出手術を受けたことのある方
・呼吸器疾患など咳をすることが多い方
・長時間の立ち仕事や重いものを持つ仕事の方
骨盤臓器脱は、主に中高年女性が多く、『出産回数が多く更年期を過ぎた方は、出産時のダメージに加えて年齢によって筋力が衰えるため特に注意が必要』です。

〈骨盤臓器脱の治療〉
骨盤臓器脱は、基本的に薬では治りませんが、軽症の場合漢方も試されます。根本的な治療は手術となりますが、症状によって治療方法が選択されます。

●軽度のかた
症状が軽度の方や手術困難な方に対する治療です・
・肥満、便秘、慢性の咳などを改善、重いものを持たないようにするなど生活の見直し
・骨盤底筋トレーニング、捕中益気湯などの漢方を併用
・膣内にペッサリーを挿入して臓器を支える
基本的に生活習慣の見直しと骨盤底筋トレーニングを併用して症状を改善しますが、減量と全身の筋肉強化も大切です。また臓器の脱出を防ぐ『ペッサリーという器具を膣内に挿入する対症療法がとられる』こともあります。

●重度の方
生活の見直しや骨盤底筋トレーニング、ペッサリーによる治療で効果が見られなかった方や症状が重度の方に対する治療の例です。
・膣壁と膀胱の間にメッシュを挿入する経膣メッシュ手術(TV M手術):膣壁に網目状のシートを挿入し補強する
・お腹からアプローチする腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC):内視鏡で膣を引き上げ仙骨に固定する
・従来のメッシュを用いない手術(子宮摘出+膣壁形成術など)
いずれも骨盤臓器脱を根本的に治す手術です。『患者さんの脱出臓器や脆弱部位、年齢などをきちんと評価した上で、最も適した手術を選択』します。原則入院手術となります。意志とよく相談し、ご自身の症状と生活に合わせた手術を選ぶことが大切です。

〈骨盤臓器脱のまとめ〉
骨盤臓器脱は軽症の場合、膣口にピンポン玉のようなものが触れ、膣内に違和感がある程度であれば慌てる必要はありません。しかしそのまま臓器が嵌頓して出血したり排尿できなくなることもありますので、早めに受診しておくと安心です。その際は、恥ずかしがらずにきちんと「膣内で何かが下がる感覚がある」とお伝えください。なぜなら初期の段階でや日中は、臓器が脱出していないケースも多く、診断が難しい場合があるからです。常に臓器が脱出したり(嵌頓状態)、出血があるなど重度の症状がある場合は直ちに受診をお勧めします。当院では女性特有の疾患である骨盤臓器脱を専門に扱う女性泌尿器外来にて、検査、治療を行なっております。いずれにせよ、気になる症状がある場合は、早めに受診していただくと良いでしょう。

PAGE TOP