形成外科

粉瘤

粉瘤とは

アテロームとも呼ばれる粉瘤は、皮膚が陥入してできた袋に老廃物や皮脂が溜まることによってできる半球状の良性腫瘍です。大きさは1~2cm程度のものから、10cm以上になることもあります。発生しやすい箇所は、顔、首、背中、耳の後ろ、鼠径部などで、同時に複数個が多発することもあります。手のひらや足の裏にできることもあります。
中央に黒点状の開口部があるのが特徴で、これを指などで強く圧迫して潰そうとすると臭いを伴う粥状の物質が排出されます。見た目がにきびと似ていますが、中心部に黒い点があるのが粉瘤の特徴です。自覚症状はないものの、細菌による二次感染が起きる、嚢腫壁を破るといった状態になると発赤や痛みなどが出ます。これが感染性粉瘤です。
良性の腫瘍とは言っても、感染を起こす可能性もあり、治療は手術による摘出となります。局所麻酔での日帰り手術が可能です。
なお炎症を起こしている場合は、抗生物質の内服をして、小さく切開して膿を出し炎症を抑えた後に手術となります。

■治療
保険適用の治療となります。
当院では、患者様のご負担が少ないように治療を行っています。
当クリニックでは、傷跡を目立たなくするようにデザインをし、切除手術を行っております。治療は局所麻酔を行い、30分程度で終了します。
手術後1週間程度で抜糸をおこないます。

■粉瘤の日帰り手術について
ご自身で粉瘤をつぶして処理される方がいらっしゃいますが、ご自身でつぶすことはせずに、医療機関で手術をしてください。
無理につぶしますと、細菌が入り込み炎症を起こし痛みが出ることがあります。
また粉瘤は放っておくと徐々に大きくなるので早めに医療機関を受診されることをお勧めします。

PAGE TOP